株式会社チューゲン総合建築

名古屋で解体工事に携わり近隣への影響に配慮して鉄骨建物の解体に対応

お問い合わせはこちら

ブログ

鉄骨

工法の特性と現場環境の相性に配慮

比較的頑丈な建物である鉄骨造などの建造物を解体する際は、重機を使うと振動・騒音・粉塵が発生しやすいので、近隣との兼ね合いを考えながら最適な工法を選択する必要があります。小回りが利く工法、分別しやすい工法など、それぞれの工法の特性と現場の環境・条件の組み合わせを考えながら対応策を考えていきます。

名古屋の鉄骨建物の撤去に尽力

こんにちは名古屋で解体工事を行っております、株式会社チューゲン総合建築です。この度ホームページをリニューアルしました。今後ブログや施工金額をアップしていきますので、よろしくお願い致します。-…

数ある鉄骨向けの工法の中には環境にやさしい工法もあり、カッター工法・ワイヤソーイング工法は振動・騒音が比較的少なく粉塵も舞いにくいので公害対策として優秀な工法です。転倒工法というやり方は柱のついた壁の解体に使用され、コンクリートを飛散せずに塊のまま搬出できるという長所がありますが、最終的には破砕して廃棄することが多いので、実際は二度手間になりやすいという短所もあります。ブレーカー工法は重機が入れない場所でもハンドブレーカーで対応できるという長所がある反面、振動・騒音・粉塵が発生しやすい工法です。

名古屋の鉄骨建物の撤去に尽力

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。