株式会社チューゲン総合建築

名古屋で解体工事を承り木造建築の解体においても丁寧に施工いたします

お問い合わせはこちら

ブログ

木造

建物の構造・広さが大きな費用の基準

木造の建物の解体は手壊し工法で対応できるところが多く、細かな機転が利かせることで廃棄物をうまく分別できますが、全て手壊し工法のみで対応するのは時間・コストが掛かるので、実際は重機を用いた機械解体工法と併せて対応することになります。解体費用を決める際は、建物の構造・広さが大きな基準になります。

名古屋の木造建物の撤去に対応

こんにちは名古屋で解体工事を行っております、株式会社チューゲン総合建築です。今回、岐阜市で古民家風木造住宅の解体工事を行いました。屋根が朽ちていて瓦が隣地に落ちていたため早急の工事が必要で…

こんにちは名古屋で解体工事を行っております、株式会社チューゲン総合建築です。この度ホームページをリニューアルしました。今後ブログや施工金額をアップしていきますので、よろしくお願い致します。-…

建物の撤去においては標準的住宅建物の解体からマンション・工場といった大型の建物の撤去など、建造物のパターン・規模によって、工法・対策が異なります。建造物はその物件ごとに特性があるので、それぞれの特性に見合ったやり方で解体する必要があります。頑丈造りで比較的解体しづらい鉄骨造・RC造に対して、比較的解体しやすい木造住宅の撤去は費用も安く抑えられる傾向にあります。解体施工というと重機でまとめて取り壊すというイメージを持たれがちですが、そうした工法は建築リサイクル法によって現在違反とされています。

名古屋の木造建物の撤去に対応

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。